サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

楽天

  • ポイント貯まる楽天

無料ブログはココログ

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

2014年6月

2014/06/28

治療中ですが”無料の保険見直し相談” 利用してみました(3)

【面談当日】

面談場所は自宅最寄り駅近くのショッピングモールにあるカフェ。
面談の数時間前、5分前にそれぞれ電話連絡がありました。両方とも気付かずに留守電だったんですけどね(^^;)

5分前のTELでは、既にカフェに着いて席も取ってあるという連絡だったので、私もカフェに行ってからTELを折り返して初・対面です。
.
.
私は元々自分から誰かに声をかけるのが苦手なタイプで、しかも5年ほどほぼ引きこもり生活だったため、旦那・医者・カウンセラー以外と1対1で話しをすること自体が稀な出来事。
かなり緊張していたのですが、FPの柔らかな話しぶりと、カフェという場所柄もあり、なんとか自分の希望を伝えることが出来ました。
.
伝えたのは

  • 医療保険に入りたい。死亡時の一時金は不要。
  • うつで治療中だが、入れる保険はあるのか
  • パート収入しかないが問題ないか
  • 現在加入中の保険よりも保険料を抑えたい

ということ。

.

.

【入れる保険はあるのか?】

パート収入しかない点は、月々の保険料をちゃんと払えるなら問題ないと言うことで、まずはホッとしました。

.

そして肝心の”うつで治療中”という現状についてですが。
これを聞いたFPが提案してくれた保険は2つ。
この数字が多いか少ないかは人によって捉え方が違うと思いますが、私は選択肢があるだけで充分だと思いました。

.

それぞれのパンフレットで『以下に当てはまらなければご加入頂けます』というところを見せてもらい、チェックしていきます。

両方ともその点はクリア。加入資格はあるようです。
私の場合、通院・服薬中ですが、入院したことないし勧められたともなかったのが大きいですね。
ただし、もう一方の保険では躁うつ・自律神経失調は審査項目に入っているため、これらの診断を受けた方は加入できないようです

.

.

【パンフに載っていない入院日額の見積もりをすぐに出して貰えました】

次いで保険料の問題です。とにかく現在の保険料より安く抑えたい私。

パンフレットには入院日額5000円と1万円の場合の保険料は載っていましたが、実は日額7000円というのも対応してくれるそうで、FPさんがその場で見積もりを出してくれました。

パンフレットを見ただけだと、そこに気付くか分からないし、分かっても営業時間中にTELして聞かないとならなかったので、面談の場ですぐに見積もりを出して貰えたのは良かったです。

.

結果、より保険料を抑えられる1社の保険が候補に挙がりました。
それは躁うつ・自律神経失調に関するチェック項目がない方の保険=アクサのOKメディカル。CMでもよく見かけるものですね。

.

.

さすがにその場で契約する気にはなれなかったので、見積もりとパンフレットを郵送して貰うことにして、面談は終了しました。

所要時間20分ほど。

2~3時間かかると、保険マンモス のホムペにも書いてあったので、もっと時間が掛かると覚悟していたので、あっさり終わって拍子抜けというか、安心したというか…。

もっと選択肢のある人や、家族みんなの保険を見直そうという人は、2~3時間×複数回掛かるのでしょうね。私の場合は持病を抱えて入れる保険が限られているので、サクッと終われたのだと思います。

.

.

そして見積もり・パンフレットが届くまでに、実は楽天生命のパンフレットも申し込みました。
それについては次回に。

.

2014/06/19

治療中ですが”無料の保険見直し相談” 利用してみました(2)

「無料の保険見直し」といっても、このサービスをしている会社の多いこと多いこと。
いったい何処を選べばいいのか……というところで、実は数日を費やしました。
.
最初は目についた広告をクリックして、3~4社のホムペを見てみました。
そこで気付いたのが、「サービス会社によって選べる面談場所に幅がある」ということ。

「当社窓口にお越しください」
というところもあれば、
「ご自宅に伺います」
というところもある。

私としては
「いかにもな保険の窓口だと緊張しそうだし、自宅に誰か……面識のない人を入れるのは嫌だし。できればカフェとかで会えると嬉しい」
という考えだったので、その条件でファイナンシャルプランナーと会える会社を探しました。

.

で、結局申し込んだのが「保険マンモスの無料保険相談 」。
決め手になったのは

  • カフェで面談できること
  • 平均8年以上の経験を持つFPが対応
  • HPに「既往歴・治療中の病気があるなど、サービスの提供が出来ないこともあります」という文言が無い会社

というところ。

特に3つ目は決定的な申し込みのきっかけになりましたね。
せっかく時間を割いて会っても「治療中の病気があると、保険のご紹介は出来ません」なんて言われたら無駄ですもんね。
これは申し込む上で必須条件でした。

.

(他にも、対応地域に住んでいたから、とか、取り扱い保険会社が20社以上ある、っていうのも、基本ではあるけどサービス選びの参考にしました)

.

.

.

【申し込みから面談まで】
★ネットから申し込み
記入するのは

  • 氏名・住所・生年月日・職業・メルアド・電話番号という基本の個人情報
  • 電話orメールどちらでの連絡を希望するか
  • 配偶者・子どもの有無
  • 申し込みの理由(選択式)

必要事項はコレだけ。
このあと希望した連絡方法で面談希望日を聞かれることになります。

.

★面談希望日を伝える
私の場合、金曜夜にネット申し込みしたため、土日を挟んで月曜日にメール連絡がありました。

メールに記載されているURLをクリックして、面談希望日の指定ページへ。
この方法だとお客様IDだのなんだのを記入する手間が省けます。地味に嬉しいサービス。

3営業日以降の日付で指定出来ると言うことだったので、金曜・翌週の水、木と、第3希望までの日時を記入して返信。

.

★再度の日程調整→日時決定

FPとの日程調整が上手く行かなかったということで、今度は電話連絡がきました。
お詫びの言葉を伝えるには電話のほうが良いと思う人が多いでしょうから、この対応は○です。

再度メールのURLから面談希望日指定ページへ飛び、第3希望まで記入。

.

★面談前のフォロー有り!

面談日時が記載されたハガキが届きます。忘れっぽい人にピッタリなフォロー。

その後、『”トクする”保険相談ガイド』という小冊子が届きました。
意外と知らない保険の落とし穴や、保険の選び方などがマンガで解説されている37ページの冊子ですが、保険の知識が全くない、ド素人の私には小難しいと感じるところも多々あり…。

でも「保健相談”事前チェックシート”」は凄く役に立ちました!
見開き2ページのこの部分だけしっかりチェックしておけば、とりあえず1回目の面談は満足いくものになると思います。

.

.

実際に面談をした感想は次回に。

.

.

2014/06/18

治療中ですが”無料の保険見直し相談” 利用してみました(1)

ネットをウロウロしていると、よく目に付くのが「無料の保険の見直し」に関する広告。
気にはなっていたんですが、面倒臭さが先に立って・・・。

でも、誕生日を2ヶ月後に控えたとき、「年齢が上がって保険料が高くなる前に見直そう!」と思って無料相談の申し込みをしました。

.
【プロに相談する理由】
保険を見直そうとする理由は人それぞれですが、私の場合、保険のプロであるファイナンシャルプランナーに相談しようと思った理由は……

  • ”うつ”って保険を断られる理由になるの? いまも通院服薬してるんだけど…
  • 事実婚なので旦那の収入は世帯収入として捉えて貰えない?私のパート収入だけでも入れる保険はあるの??

ということが、保険各社のHPなどを見てもよく分からないことが多かったから。

.

気になる保険の資料を取り寄せるだけなら出来るんですが、医療保険でカバーして貰えない病気(うつ)で治療中の場合どうなるかは、結局電話などで相談しないと分からないんですよね。

だったらプロに聞いて入れそうな保険をピックアップして貰った方が、時間も手間も掛からずにすむ。

.

と、まぁ、そんな風に考えたわけです。

でもそこから実際に面談を申し込むまでに、またまた時間が掛かったんですが・・・それはまた今度。

.

.

.

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »